クジラの宝箱

絵本や児童文学など、ワクワクするものをまとめるブログです。

MENU

子供時代に帰るブログ。絵本や児童文学を中心に、癒されるもの、ワクワクするものをご紹介します。

氷コーヒーで作る簡単アイスカフェオレ。作り置きに最適!

ブログアイキャッチ

乳製品がだいすきで、カフェラテかカフェオレはほぼ毎日飲んでいます。

 

外で買うときは、よりミルク感があるカフェラテの方を選ぶのですが、家で作るのはさすがに面倒なのでカフェオレで我慢しています。

 (カフェオレはコーヒー+ミルク、カフェラテはエスプレッソ+ミルクでできています。カフェオレのほうが水分がすこし多いです)

 

でも、そのカフェオレでさえも、氷が溶けるとさらに味が薄くなってしまいます。

せっかく作ったのに、そうなってしまうと美味しくないですよね!

 

ということで、最後までおいしく自分のペースで飲めるように、いつも私が作っているアイスカフェオレをご紹介します。

10秒でできる!簡単アイスカフェオレの作り方

氷コーヒー

作っておいた氷コーヒーをコップに入れて、

 

牛乳を注いでいる様子

牛乳をそそぐ。完!笑

 

氷を入れるだけなので、飲みたいときにすぐに飲めます。10秒もかかりません。

氷なのでまとめて作り置きしておけますし、なにより味がおいしいです!!

 

いいところ尽くめです。氷コーヒーの作り方もいたって簡単です。

 

氷コーヒーの作り方

インスタントコーヒー

お好みの濃さでインスタントコーヒーを入れて、

 

インスタントコーヒーに水を注いだ

ちょびっとだけ水を足す。

レンジで熱したインスタントコーヒー

レンジで10秒チンすると、コーヒーがとけます。

インスタントコーヒー
水を足してコーヒーに。

 

製氷皿にコーヒーをそそぐ

凍らせる前の氷コーヒー

そうして作ったコーヒーを、製氷皿に入れて凍らせるだけ。

氷コーヒー完成

コーヒーが濃いと氷がとりだしにくいですが、外に出して少し放置しておくか、コーヒーの量を少なめにしておくと取れやすくなります。

 

ジップロックか何かに入れて、作り置き完成。あとは飲みたいときに取り出すだけです。

 

氷コーヒーカフェオレは最後までおいしいし簡単だし最強

自分は飲み物をちびちび長い時間かけて飲むタイプなのですが、いつも最後のほうは氷が溶けた状態になってしまいます。 そうなるとあんまりおいしくなくて残念です。

でも、だからといって急いでぐびぐび飲むのも嫌だし…ということで、コーヒーを氷にしたのが始まりです。

 

氷をいれてすぐに飲めばミルク感の強いカフェオレを楽しめますし、放っておいても味が濃くなっておいしいです。味の違いも楽しめます。

もし苦くなってしまったら、またミルクを足せばいいだけです。 

オマケ

ちなみに、「飲みたいけど夜遅くなっちゃった」「肌によくないからカフェインをとりたくない」という方もいらっしゃるかと思います。

 

その場合は、インスタントコーヒーをノンカフェインに変えるだけでOKです!

普通にスーパーとかで売ってます!私もいつもノンカフェインです。