クジラの宝箱

絵本や児童文学など、ワクワクするものをまとめるブログです。

MENU

子供時代に帰るブログ。絵本や児童文学を中心に、癒されるもの、ワクワクするものをご紹介します。

ホリデーナイトメアって?映画を知るともっと楽しめる3つの豆知識!

f:id:misuke-blog:20180919185759p:plain

ディズニーランドのお化け屋敷、ホーンテッドマンション。

そのホーンテッドマンションがハロウィンからクリスマスシーズンのみ『ホリデーナイトメア』になることは、皆さんご存知かと思います。

 

しかし、登場するキャラクターは知っていても、

 

「映画は見たことない」

「原作は詳しく分からない」

 

という方も、同じようにいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ホリデーナイトメアは、映画を見たことがあれば、アトラクションはもちろん待ち時間ももっと楽しくなる工夫がつまってます!

 

 

今回は、ホリデーナイトメアをもっと楽しむために知ってほしい「3つの豆知識」をご紹介します。

 

原作は『ナイトメアビフォアクリスマス』という映画

ナイトメアビフォアクリスマスは1993年に公開されたディズニー映画です。

原案は「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」、「シザー・ハンズ」で有名な監督、ティム・バートン。

ティム・バートンはディズニーのアニメーション部門で働いていましたが、そのときにこの物語を思いついたのだそう。

 

未だに(特に海外では)人気が根強く、劇中音楽のコンサートが開かれたり、映画の公式続編ゲームが発売されたり、人気ゲーム「キングダムハーツ」の中にハロウィンタウンが登場したりと、公開から20年以上たった今でもたくさんの人に愛されています。

 

『ナイトメアビフォアクリスマス』のあらすじ

大昔、年に一度のハロウィンを人間界に送り出しているハロウィンタウンという町がありました。ジャック・スケリントンはその町の人気者、カボチャの王です。

 

しかしジャックは王でありながら、毎年繰り返される「いつもと同じハロウィン」にうんざりしていました。

 

「ハロウィンだけが人生じゃないはず」

新しい生きがいが欲しいと悩んでいたある日、ジャックは森の中で奇妙な形をした扉を見つけます。扉を開けると、その先には、ジャックがこれまで見たことのない美しい世界『クリスマスタウン』が広がっていました…。

 

クリスマスの魅力にすっかり憑りつかれたジャックは、今年は自分がクリスマスやるぞ!と、他人のホリデーを乗っ取ることに。

 

ジャックが計画する「ハロウィン風クリスマス」は、いったい上手くいくのでしょうか?

 

ホリデーナイトメアって結局なに?

 

ホリデーナイトメアとは、サンタクロースに扮したジャックが、人間界にプレゼントを配りに行く前に、ホーンテッドマンションの住人にプレゼントを配りに立ち寄った、という設定なんです! 

 

ホリデーナイトメアで見てほしい!3つの豆知識

ホリデーナイトメアでは、映画に出てくるキャラクターやプレゼント、様々な小道具が登場します。

今回は、ホリデーナイトメアで見てほしいポイントをご紹介します!

 

ホーンテッドマンションの頂上に停まっているソリ

ホリデーナイトメアの期間中のみ、ホーンテッドマンションの頂上にソリが止まっているのをご存知ですか?

 

実はこのソリは、ジャックがハロウィンタウンから乗ってきたソリなのです。

マンションに立ち寄るとき、サンタのように屋根にソリを置いたのですね!

 

緑のソリ部分は棺桶が使われており、そして後ろの大きなごみ箱には子供たちを恐怖に陥れることになるプレゼントがたくさん入っています。

 

「カエルの息」と「イヌホオズキ」

待ち時間にゆっくり見てほしいのは、中庭にあるお墓の一部。

よーーく見ると、通常verのホーンテッドマンションの装飾にまぎれて、カエルが入っている瓶と、Deadly Night Shadeと書かれたお墓とツボがあります。

 

これは、サリーというキャラクターが、彼女を家に軟禁しようとする生みの親、フィンケルシュタイン博士へ、毒入りスープを作る時に使用した材料なんです。

 

映画では、Deadly Night Shadeとかかれているこのお墓の周りに、イヌホオズキという毒草が生えています。サリーは、次に館を脱出したくなったときのためにイヌホオズキを持ち帰るんですが、その際に使用したのが左手前の瓶なんです。

 

(毒と言っても、眠たくなってしまうだけですのでご安心を。あとちょっぴり頭痛。)

 

しかし、実際にスープへイヌホオズキを入れてみると、これまで美味しそうだった匂いがたちまち悪臭に変わってしまいました。

 

このままでは博士にスープが出せない……ということで、匂いを消すために別の調味料を使用しました。それが、カエルの息という調味料(?)です。

 

カエルがぐえーーーっと息を吐くことで料理に味付けできます。

 

ユニークで、小さな頃からだいっすきなシーンです。ぜひ映画でもみてください!

 

混んでるとき限定!かぼちゃのかかしの正体

あらすじでジャックを「カボチャの王」と説明しました。

ジャックには通常時のストライプの衣装とは別に、サンタクロースの衣装と、それからパンプキンキング時の衣装があります。

 

列に並んでいるときに何気なく、カボチャのかかしがあるなあ、と見たことがある方もいるかもしれません。が、実はそれこそが、パンプキンキングVerのジャックなんです!

 

混んでいないときは解放されない通路ですので、真正面で見たい方は、混んでいるときを狙わないとみることができません。

 映画『ナイトメアビフォアクリスマス』もおススメ!

いかがでしたでしょうか!

待ち時間に楽しめる、映画の3つの豆知識をご紹介しました。

 

アトラクションのなかにも、ミッキーがモチーフになっている「ヴァンパイア・テディ」というぬいぐるみや、人を食べてしまうクリスマスリースなど、映画でお馴染みの可愛らしい(ちょっと怖い?)プレゼントがたくさん出てきます。

 

一度映画を見てみれば、2倍楽しめること間違いなしです!!ぜひ、映画も見てみてください!!