クジラの宝箱

絵本や児童文学など、ワクワクするものをまとめるブログです。

MENU

子供時代に帰るブログ。絵本や児童文学を中心に、癒されるもの、ワクワクするものをご紹介します。

【クリスマスの絵本】プレゼントにおすすめ。知る人ぞ知るワクワク絵本

 

クリスマスの絵本 アイキャッチ

クリスマスプレゼントにぴったりな絵本を探していませんか?

 

クリスマスの絵本はたくさんありますが、どれがいいか迷ってしまう!という方もいると思います。

そこで今回は、あまり有名ではないですが、私が大好きなクリスマスの絵本を紹介します。

 

私だけではなく、読んだことがある人にとっても愛されているイギリスの絵本です。

 

ワクワクなクリスマスの世界を満喫できます!

また、クリスマスにぴったりな仕掛けもあるのでプレゼントとしてもばっちりです。

 

クリスマスのおすすめ絵本『しろくまクンのクリスマス』

ほっきょくで暮らすしろくまくんが、サンタさんの工場に迷い込んでしまうという物語。サンタさんと一緒に、工場や休憩室、食事室を見学することができます。

 

この絵本を知っているという人には、これまで家族をのぞいて1人しか出会ったことがありませんが、その方も「あの絵本、大好きだった!」と興奮していました。

 

Amazonや絵本サイトでレビューを読んでみても、「とってもワクワクした」との声ばかり。当時この絵本に出会った人にとって、大切な絵本になっているようです。

 

定番じゃないからこそ目にする機会があまりないので、プレゼントにピッタリではないでしょうか。あまり有名だと、学校の図書館や病院の待合室などでも読んだことがある可能性もありますしね!

 

対象年齢は5~6歳。絵本の世界に浸りきることができる、このくらいの年の子供たちにはぜひ読んでもらいたいです!

 

あまり有名でないのは、価格が少し高めだからだと思います。でも、間違いなく値段分の価値はあります。

 

私は物心つく前からこの本が家にあって、何度も何度も読み返しました。

妹もこの本がだいすきで、何回も読み返してました。

 

ボロボロになった絵本

気付いたらボロボロに…汗

 

おかげで今ではもうボロボロになってます。

 

この絵本がきっかけで私はクリスマスが大好きになって、長い間「サンタさんはいる!」と信じていました。今でもクリスマスや絵本が大好きなのは、間違いなくこの本の影響です。それくらい子供のころにワクワクした絵本です。

 

それでは、この本の魅力をすこしだけご紹介します。

 

ワクワクが止まらない世界観

サンタクロース

サンタさんに会ってみたい!サンタクロースのお手伝いをしたい!なんて、小さい頃に考えたことがありませんでしたか?

 

この本の魅力は、なんといっても「サンタクロースの工場に迷い込む」というストーリー。たっくさんのおもちゃにあふれた部屋や、子供たちの手紙であふれた部屋、プレゼントをテストする部屋など、サンタさんの工場をくまなく見学することができるのです。

 

絵が洋風で、とにかくきれいなので、まるで見知らぬ海外の本物のサンタさんの家に本当に訪れたかのような気持ちになりました。

 

冬のツンとした寒さや、少しさみしくなってしまう一人の夜も、しろくまクンの家族やサンタクロースの世界があたたかく迎え入れてくれるので、自分まであたたかい気持ちになったことを今でも覚えています。

 

プレゼントにぴったりなメッセージ欄

見返しには、プレゼント用に名前を記入できる欄があります。

もしお子様にプレゼントとして考えているなら、名前を書いてあげることで、唯一無二の絵本になるに違いありません。

 

私の場合は何も書かれてなかったんですが(笑)、書いてあったら絶対うれしかったと思います。

 

私ももう20年以上そばに置いていますが、それがなかったとしても大切な本です。

心を込めたメッセージも加えてあげれば、きっとお子様が大人になったときまで大切にしたくなる、より特別な絵本になるのではないでしょうか。

 

いくつになっても楽しめる緻密な絵

絵がとっっっっにかく緻密です。

 

宝探し絵本『ミッケ!』のように、宝探しあそびができます。

全ページにある共通点があるなど、読み返すたびに新発見があります。

縦30センチくらいの大きなサイズの絵本なので、読み聞かせにもぴったりです。

 

また、漫画のようにコマ割りになっているのですが、フチの外が星の絵柄になっています。最後にサンタクロースからしろくまくんにプレゼントが渡されるのですが、その包装紙と同じ絵柄なんですね。

つまり、この絵本自体がサンタさんからのプレゼントというコンセプトなのです。

 

おわりに 

今から20年以上前に出された絵本なので、書店で見つけた人はかなりラッキーだと思います。

 

ネットでも数が少なそうな絵本なので、気になった方は手に入るうちに!

お高めな絵本ですが、その分の価値がつまった絵本です。

 

このブログで紹介・引用した絵本

タイトル:しろくまくんのクリスマス
作者  :H・スティックランド
絵   :P・スティックランド
訳   :もき かずこ
出版社 :金の星社